ヘルペスの原因や症状などの詳しい情報

尖圭コンジローマについて解説する医者

ヘルペスは体のいろいろな部分に出てしまうことがあり、ウィルスも異なっているためしっかりと治さないと繰り替えしてしまうやっかいな病気です。
しかし、ウィルスは身近に存在しており、誰にでも簡単に感染してしまう可能性があります。
正しい情報を把握しておくと対策ができます。
主なヘルペスウィルスに1型と2型があります。

1型は粘膜に水膨れができてしまい、唇や目の角膜に感染して症状が出てしまいます。
例えばウィルスを保持している人とキスなどで触れてしまうこと、さらにはその人が使ったタオルや口を付けた食器などを共有することで感染してしまいます。
口に感染しているのを気づかずに、そこを触った手で目を触ることで唇と目の両方が感染してしまうことも多いです。

予防するには顔を拭くものは他人とは共有しない、目などはできるだけ清潔にした後の手で触る、感染者と思われる方との接触を避けるようにする必要があります。
感染すると水膨れや目の充血があらわれますので、目や口周りで水膨れがある方を見かけたら直接触れることは避けた方が無難でしょう。

もう1つのウィルスの2型は、主に性器に感染して、激しい痒みから痛み、ヒリヒリした痛みになってしまいます。
こうなると日常生活でも気になったり、排泄の時にも痛みや染みるなどの症状がでてしまうため支障が出てきます。
感染経路は性交で、相手が保菌者だったため、移ってしまうことがほとんどです。

主な感染経路は直接的な接触で感染者と同じ空間にいただけでは移りません。
しかし、保菌者のくしゃみにウィルスが混ざって、それを口の中に取り込んでしまった場合は移る原因となりますので注意が必要です。
ただ、通常なら、多くの方が体内にヘルペスのウィルスは保持しています。
健康であれば体内で活動できませんので、症状は出ません。
免疫力が落ちていると活発化して、悪性の強い症状が表に出てきてしまうので、健康を維持することも予防の1つです。

ヘルペスの治療薬はネット総合病院に売っているか

ヘルペスになってしまったら、放置してしまうと一旦は良くなったとしても、ウィルスは潜んでいるので免疫力が落ちた時に再発してしまいます。
そのため、きちんと原因に合った薬を用いて治療しなくはなりません。
しかし、症状によっては外に出たくない、原因を話すのが嫌というケースもあります。
そんな時に活用したいのがネット総合病院です。

ネット総合病院ではさまざまな薬を扱っていて、それがネットを介してどこでもオーダーできるので、忙しい方や体調がすぐれない方でも安心して自宅に居ながらにして、治療ができる通販です。
日本で薬をもらうためには病院で診察が必須です。
そうすると診察代に薬代と多くかかってしまいますし、出かける手間もできます。
その両方を使う方のメリットに合った方法にしてくれるのが通販です。個人輸入の代行という方法で、海外のヘルペス用の薬を手にすることができます。
個人輸入を自分で行うには法律など難しく面倒ですが、その部分を代行業者が請け負ってくれるので、一般的な通販と同じ感覚で注文するだけなので簡単ですし、面倒もありません。

海外の薬となると不安もあるかもしれません。
しかし、海外で実績のある薬だけを扱っていたり、日本語での説明の充実した業者もあります。
情報を良く確認して、信頼おけるネット総合病院を探して、治療薬を注文すると安心できて、しかも早期に対応できる、手間もない、コストでもお得といいことばかりです。

まずはヘルペスの治療薬を扱っているネット総合病院を見つけて、対応や情報をチェックして信頼がおけるかどうかをよく見極めるようにしましょう。
うまく活用することで症状もひどくなる前にケアできて、繰り返さないように根底から治療ができるようになります。