尖圭コンジローマの原因や症状などの詳しい情報

性病の種類を解説する医者

日本では、性感染症が社会問題になっています。
尖圭コンジローマも患者数が多い性感染症のひとつです。
尖圭コンジローマの原因は、HPVというウイルスで、このウイルスが性器や肛門に感染して発症します。
HPVは、多くの場合、性交渉の際に感染します。
皮膚や粘膜の傷からHPVが浸入して感染すると、様々な症状が出ます。
母親が尖圭コンジローマに感染していると、稀ではあるものの出産の時に赤ちゃんに感染することがあります。
赤ちゃんに感染した場合、喉にイボができる病気が重症化することもあるので注意が必要です。

尖圭コンジローマは、性器や肛門の周辺にイボができ、感染してからイボの症状が出るまでには、3週間から8か月くらいかかります。
イボができても、痛みや痒みなどの自覚症状がほとんどなく、気付かないうちにイボが増えてしまうこともあるので性病の種類を解説する医者 す。
最近の性感染症は、性器だけでなく、口腔内にも感染するケースが少なくありません。尖圭コンジローマに感染すると、女性の場合は外陰部にイボができます。
膣の入り口や肛門周辺にイボができることが多いのですが、人によっては膣の内部に症状が出ることもあります。
自覚症状がないため、長期間放置してイボの範囲が広がってしまうケースもあるので気を付けることが大事です。
女性は、性器が隠れているので発見しにくく、体を洗っている時に違和感を感じて気付く人も少なくありません。

男性の場合は、ペニスや肛門の周辺に大小のイボが発生します。
女性の場合は、症状がない場合でも、膣の粘膜を採取してウイルスの有無を調べることができます。
しかし、男性の場合は、無症状だとチェックできません。

尖圭コンジローマの原因となるHPVは、いったん感染すると体内に居座ることが多く、見えるイボを取り除いてもウイルスを除去しきれなかった場合は、新しいイボが再び出てくることがあります。
再発率が高く、治っても3か月以内に約25%の人が再発すると考えられています。

コンジローマ感染ががんに繋がるって本当?

最近は、性感染症の情報をインターネットで調べることができるため、早めに性感染症のチェックを受ける人も増えています。
詳しい情報を把握することで、症状を悪化させずに済むケースもあります。
HPVは、種類が100種類以上もあり、将来がんになる危険が少ない低リスク型と、将来がんになる危険がある高リスク型に分類されます。
高リスク型は、子宮頸がんや陰茎がんの原因となることもあるので、注意することが大事です。
尖圭コンジローマは低リスク型です。

尖圭コンジローマは、薬物によって治す場合と、外科的手法を使って治す場合があります。
イボができている部位やサイズによって、治し方が異なります。
薬を使う場合は、尖圭コンジローマの薬として世界的に有名な塗り薬が使われるケースが多いです。
クリームを塗ると、ウイルスに対する免疫ができて、徐々に治ります。
イボが消えてもウイルスが残っている可能性があるため、2か月くらいは薬を塗り続けます。

外科的な方法で直す場合は、冷凍療法や電気メスを使います。
冷凍療法は、イボを液体窒素で凍らせて除去します。
電気メスは、イボを電気メスで焼いて取り除きます。
他に、医療用レーザーを使ってイボを取り除く方法や、専用の器具でイボを切除する方法があります。

病院へ行く場合、女性であれば婦人科へ行き、男性なら泌尿器科か性病科へ行って診察を受けます。
性感染症の場合、恥ずかしいと感じて診察を受けるのが遅れてしまう人も少なくありません。
しかし、症状が悪化すると、治るまでの期間も延びてしまうので、できるだけ早く医師の診察を受けて、治してしまうことが大事です。
性感染症は、パートナーも感染していることが多いので、パートナーも一緒に診察を受けるケースが増えています。