HIVとエイズの違いについて

ヘルペスに悩む男女

HIVとは、エイズウイルスのことで「Human Immunodeficiency Virus」の頭文字をとったものです。
日本語ではヒト免疫不全ウイルスと訳されます。
一方でエイズ(AIDS)は「Acquired Immuno Deficiency Syndrome」の略で、後天性免疫不全症候群と訳されます。
このエイズを発症する原因がHIVですが、HIVそのものに感染したからといってすぐにエイズを発症するわけではありません。
エイズを発症しない間は特に生活に支障を来すことはないため感染を知らずに生活し続ける人も多くいます。

このためHIVに感染していると将来的にエイズを発症する可能性がありますが、HIVに感染しているだけの状態はエイズとは呼ばれません。
なおHIVからエイズを発症するのには、2年から10年ぐらいと言われますが、近年は有効な薬の登場によって、エイズの発症を抑えることが出来るようになっています。

HIVとエイズの違いは、このようにエイズの原因となるHIVに感染していることで、エイズはHIVによって症状が発症したことを意味します。
一方でエイズが発症してもその症状はさまざまです。
後天性免疫不全症候群と訳されるように症状は身体の免疫力が低下します。
このためエイズ発症の基準としてはニューモシスチス肺炎、カポジ肉腫、悪性リンパ種、悪性腫瘍などの23種類の中の病気のひとつ以上が現れた場合にエイズを発症したと表現されます。

なお、HIVそのものは、弱いウイルスであり空気や水に触れるとすぐに死んでしまい感染力を失います。
このため空気感染や飛沫感染ではほとんど感染することはなく、日常生活を営んでいる上では感染することはありません。
HIVの感染経路は血液や精液、膣分泌液や母乳などが中心であり、血液を扱う特殊な医療事故、体液同士の濃厚な接触が発生する性感染、また稀なケースとして母乳による感染があります。
しかし、もっとも多いケースは性感染となっています。

HIVやエイズ患者はどんな人生を送ることになるか

HIVとエイズの違いはウイルスに感染した状態と、症状が発症した状態に分かれます。
このためその段階によって残りの人生の過ごし方が変わってきます。
HIVを含めて現在の医療技術では体内に残留するウイルスを完全に取り除くといったことはできませんから、患者がエイズを発症しないようにするといったものになります。

HIVとわかった場合には、他者への感染を防ぐための指導と抗HIV薬の投与が行われます。
有効な抗HIV薬が出されます。
抗HIV薬は大きく分けると「核酸系逆転写酵素阻害剤」「非核酸系逆転写酵素阻害剤」「プロテアーゼ阻害剤」「インテグラーゼ阻害剤」「侵入阻害薬」に分かれます。
HIVの恐ろしいところは、ウイルスがすぐに耐性を獲得してしまうことであるため、複数の薬を内服するのが主流となっています。
正しく服用すれば寿命は平均寿命より10年から20年ほど短いですが、早期に発見しウイルスの増殖の値が少ない時から薬の服用をはじめれば平均寿命程度まで延ばすことができます。
なお、あくまでも発症を抑える薬であり患者は一生、この薬を服用し続けなければならず、さらに飲み忘れや途中で中止するとウイルスが耐性を獲得するため著しく効果が失われてしまいます。

一方でHIVに感染している段階では妊娠も可能です。
この場合に体外受精または人工授精を行うことになります。
男性がHIVに感染している場合には精液からHIVを取り除いて行いますし、女性がHIVに感染している場合には妊娠時にエイズが発症していないことが前提で行われます。
現代ではHIVの段階では薬を一生服用しなければなりませんが、以前のように打つ手がなく発症してしまうということはなくなり、他の人と変らない人生を送ることができます。